chillingStyle > REPORT

CHILLINGSTYLE no 企画展

 2017年4月 「Mokki」
ERI SHIMATSUKA EXHIBITION 2017

mökki kutsu_new2-3-1.jpg

○展示概要
フィンランド在住のテキスタイルデザイナー、
島塚絵里がMokki(コテージ)をテーマにした
個展を開催します。

春になると、フィンランド人の多くが
Mokki(コテージ)に思いを馳せます。

Mokkiは忙しない日常から切り離された、
自然に包まれたシンプルな空間。
東京の山手通りに佇むケースギャラリーと
美しい山々に囲まれた富山で、
自身の手がけるPikku saariの新作、
そしてMOOMINとのコラボレーション作品を展示します。
ヘルシンキのギャラリー、LOKALからセレクトされた
美しいクラフト作品と共にMokkiを演出します。
また、各会期中にトークイベント&ワークショップを開催します。
詳しくはSNSにて。

Tervetuloa!




会期中4月22日の午後からプレミアムな
トークイベントを開催します。

前半は島塚さんと店長大澤による対談型トーク。
後半はお菓子と飲み物をサーブ(参加者でセッティング)して、
お菓子と北欧フレーバーティーをいただきながら
参加者の質問にお答えする形でお話をしてもらいます。

お菓子はefterratt(エフテレット)さんのスペシャルです。
https://www.facebook.com/efterratt/

-
concept
-

暗くて寂しい冬を終え、
首を長くして待っていた春を、
色とりどりのファブリックでお祝いしましょう。
島塚さんのフィンランドでのライフスタイル、
そこから生まれるテキスタイル、
デザインの発想の原点などの
お話を聞きたいと思います。

お子様連れの方も歓迎です。
乳幼児をお連れの方は、
お子様の食べ物をご用意ください。
会場ふれんどる横には
授乳室やおむつ替えの場所も用意されています。


_島塚絵里

mökki kutsu_new2-3-4.jpg
Photo:Naoko Akechi
【OFFICIAL WEBSITE】http://www.erishimatsuka.com/


会期
「Mokki」
ERI SHIMATSUKA EXHIBITION 2017
・4月20日(木)から5月7日(日)※4月は定休日火曜日

〇島塚絵里氏トークイベント
「フィンランドの暮らしとテキスタイル。FIKAの時間」

4月22日(土)14:30-16:00

定員30名程度

参加費 2000円

会場 富山市民プラザ2階ふれんどる

お問い合わせ、ご予約はチリングスタイルまで

お問合せ・ワークショップご予約
インフォメーションよりどうぞ。


CHILLINGSTYLE no 企画展

 2017年3月 こどものぼうし展 開催

17094086_1071667679606209_1475358418_n.jpg

岡山県西粟倉村でこどもの帽子を作っている
UKIYOさんの企画展です。
タイトルは「こどものぼうし展」
最新の春夏コレクションの展示・販売を行います。

会期  3月24日(金)から4月16日(日)まで。
(4月は定休日火曜日)
場所 チリングスタイル店内

4月15日の15時から&16日の終日はセミオーダー会。
セミオーダー会は、展示されている帽子の中からサイズ違い、
生地違いのオーダーを承ります。


4月16日はワークショップも開催。

お好きな布を3枚選んでいただいて
4か所手縫いでクロスターバンを作ります。
生地の持ち込みも可能!お好きな生地で
自分だけのオリジナルを作ってみよう!!
大人用、子ども用どちらもできますよ。

参加費 : 大人サイズ→2800 円+税
       子供サイズ→2500 円+税

生地持ち込みの場合は、作業賃2000 円のみ

ご予約、お問い合わせはチリングスタイルまで。


image1.JPG
image2.JPG
image4.JPG
image8.JPG


___UKIYOさんコンセプト

コンセプト1-1.gif
【OFFICIAL WEBSITE】http://ukiyoboushi.net/


会期
・3月24日(金)から4月16日(日)※4月は定休日火曜日

・ワークショップ 4月16日
参加費 : 大人サイズ→2800 円+税/子供サイズ→2500 円+税
※生地持ち込みの場合は、作業賃2000 円のみ

予約、お問い合わせはCHILLING STYLE まで

お問合せ・ワークショップご予約
インフォメーションよりどうぞ。


CHILLINGSTYLE no 企画展

 2017年3月 炭酸デザイン室展 開催

tansan_toyama_dm01-1.jpg

炭酸デザイン室は山に囲まれた自然豊かな土地にアトリエを構えています。
アトリエから見える景色や散歩道に咲く草花、空と大地を区切る山の稜線など、
身近な自然や生活の中からヒントを得て線を描き、形をつくり、
テキスタイルが生まれてきます。
今回、富山県では初めての開催となります。
TANSAN TEXTILEの生地やカバンをはじめ、
ポーチ、雑貨小物を展示販売します。
炭酸デザイン室が描くテキスタイルの楽しい世界へ、
是非お越しください。

(プロフィール)
炭酸デザイン室
「いつもの暮らしにシュワッとした刺激を。」をテーマに、
2014年に水野智章と井野若菜によって立ち上げ、テキスタイルブランド
”TANSAN TEXTILE (タンサンテキスタイル)”
を中心に企業コラボレーションや、デザイン制作、作品制作を行っている。
共に東京造形大学テキスタイルデザイン専攻卒業。
独自の世界観をシーズンごとに発表。
【OFFICIAL WEBSITE】http://www.tansandesign.jp
【WEB SHOP】https://tansantextile.stores.jp


3月18日(土) トークイベント&ワークショップ
・ワークショップ(11:00~、16:00~)
「炭酸デザイン室のフェルト」 参加費1,000円

・トークイベント(14:00~)
「炭酸デザイン室のテキスタイルデザイン」参加費無料 定員30名

予約、お問い合わせはCHILLING STYLE まで


tansan_toyama_dm01-2.jpg


tansan_product.jpg

___炭酸デザイン室

「いつもの暮らしにシュワッとした刺激を。」をテーマに、2014年に水野智章と井野若菜によって立ち上げ、テキスタイルブランド ”TANSAN TEXTILE (タンサンテキスタイル)” を中心に企業コラボレーションや、デザイン制作、作品制作を行っている。
共に東京造形大学テキスタイルデザイン専攻卒業。独自の世界観をシーズンごとに発表。
【OFFICIAL WEBSITE】http://www.tansandesign.jp
【WEB SHOP】https://tansantextile.stores.jp


会期

3月18日(土) トークイベント&ワークショップ
・ワークショップ(11:00~、16:00~)
「炭酸デザイン室のフェルト」 参加費1,000円

・トークイベント(14:00~)
「炭酸デザイン室のテキスタイルデザイン」参加費無料 定員30名

予約、お問い合わせはCHILLING STYLE まで

お問合せ・ワークショップご予約
インフォメーションよりどうぞ。


CHILLINGSTYLE no 企画展

 2016年10月 カイ・フランクフェア開催

kai_f_02.jpg


フィンランドのiittala社より、デザイナー、カイ・フランクの代表作ともいえる食器
TEEMAの新色 ライトブルー、カルティオの別注色 コバルトブルーが登場します。

ティーマの新色は実に3年半ぶり。

「マグカップ」「プレート 17cm」「プレート 21cm」「ボウル 15cm」と、
ティーマシリーズの中でも人気が高く、使用頻度の高い4アイテムのスペシャルセットを販売いたします。

いずれもオリジナルボックス入りの限定仕様です。
ペアセットなので、ご自分用にはもちろん、プレゼントとしてもおすすめです。

■ Teema ライトブルー マグカップ ペアセット 5,200円(税込)
(内容:[マグカップ]×2)

■ Teema ライトブルー ボウル 15cm ペアセット 5,000円(税込)
(内容:[ボウル 15cm]×2)

■ Teema ライトブルー プレート 17cm ペアセット 4,000円(税込)
(内容:[プレート 17cm]×2)

■ Teema ライトブルー プレート 21cm ペアセット 5,200円(税込)
(内容:[プレート 21cm]×2)

■ Teema ライトブルー ブレックファストセット 10,000円(税込)
(内容:[マグカップ]ライトブルー×1、ホワイト×1 / [プレート 21cm]ライトブルー×1、ホワイト×1)



finland_100th_color_007.jpg出典:tabroom.jp


カルティオ タンブラーは、カイ・フランクが最も好きだったカラーとも言われているコバルトブルーを限定復刻しました。
カイ・フランク自身が一番好きだったといわれているコバルトブルー。
静寂したフィンランドの湖をイメージさせるような深い青でイッタラのガラスシリーズとしても特別なカラーです。

カルティオ タンブラー 210ml 1,296円(税込)


kai_f_pot.jpg___Kaj Franck 1911年- 1989年

1932年からヘルシンキの美術工芸大学で家具デザインを学ぶ。 1938年にテキスタイルデザイナー、1945年にアラビア社のデザイナーとなり、1950年に同社のアートディレクターに就任。 陶磁器のデザイナーとして活動していたが、1946年からイッタラ社、1950年からヌータヤルヴィ社(1988年にイッタラ社と合併)でガラス・デザインに携わる。 フィンランド農民の古い文化や工芸品を理想の手本としたシンプルな機能美は「フィンランドの良心」と呼ばれ、今も親しまれている。 実用的なガラス器のデザイナーとして著名であるが、アートガラスや一点物の作品も作成している。 日本においては1956年に私的旅行として来日、各地を訪問している内にその存在の噂が広がり、京都で講演を行っている。そのインパクトは強く、今度は正式に来日を要請して1958年に陶磁器デザインのあり方を問いただした講義内容は日本のデザイン全般にも影響を与えるものであったとされる。


会期
2016年10月21日(金)~11月20日(日) チリングスタイル店内で開催します。

お問合せ・ワークショップご予約
インフォメーションよりどうぞ。


CHILLINGSTYLE no 企画展

 2016年5月 しっぽの傘Tailのポップアップツアー

iv_20160616.jpg


2014年から開催している鈴木マサル展を今年も開催することができました。

毎年追いかけている鈴木マサルさんは、

イタリアで開催されている棄具の国際見本市「ミラノサローネ」で、

今年ついに賞を獲得。活躍の場を広げていらっしゃいます。

2016年もオリジナルブランド「OTTAIPNU」から、

新作プロダクトが発表されており、ますます魅力を増しています。

富山での今回の企画展では「触れるテキスタイルデザイン」をテーマに、

生活の中に寄り添うテキスタイルデザインの魅力を

マサルさんの作品から感じて頂ければと企画しました。

生活の中に気曝にテキスタイルを取り込むきっかけ作りになれば幸いです。


iv_20160616_02.jpg


suzuki.jpg鈴木マサル

多摩美術大学 染織デザイン科卒業後、粟辻博デザイン室に勤務。1995 年に独立、2002 年に有限会社ウンピアット設立。2005 年からファブリックブランドOTTAIPNU( オッタイピイヌ) を主宰。自身のブランドの他に、2010 年よりフィンランドの老舗ブランドmarimekko のデザインを手がけるなど、現在、国内外の様々なメーカー、ブランドのプロジェクトに参画。東京造形大学 教授、有限会社ウンピアット取締役。昨年、2014 年には、表参道スパイラルガーデンにて個展「鈴木マサル傘展- 持ち歩くテキスタイル-」を開催。アルフレックスの名作ソファー、マレンコのカバーリングを新たにデザインし、展覧会「MARENCO× 鈴木マサル」を開催。また北日本新聞を4 日間連続で全面ラッピングする企画「富山もよう」を手掛ける。テキスタイルの柄にも展開し、富山のイベント等で様々な形で展開している。北日本新聞広告賞グランプリを受賞

鈴木マサル 公式サイト


会期
2016年6月24日~7月10日 チリングスタイル店内で開催します。

お問合せ・ワークショップご予約
インフォメーションよりどうぞ。


 2016年5月 しっぽの傘Tailのポップアップツアー

2016_05_top.jpg

ほとんどの傘に必ず付いているベルトはどれも同じようでなんだか味気ないものばかり。

Tailは傘の上にちょこんと乗ったネコやモモンガなど動物たちのシッポが留め具になっていて、
本体をぐるりと束ねてくれます。

Tailに使われている生地は傘の製造過程で出る「残布」。

残布を使用することで少量ずつの生産が可能になり色柄のバリエーションが多彩です。

今回、人気の絵本作家tupera tuperaさんとのコラボも実現しました。


link_tupe.jpgtupera tupera

ツペラ ツペラは亀山達矢さんと中川敦子さんによるユニット。
2003年より活動を開始。現在は、絵本やイラストレーションを中心に、オリジナル布小物制作や影絵、  立体作品など、幅広く活動中。主な著書に、ジャバラ絵本 『木がずらり』 『魚がすいすい』 (ともにPIE BOOKS)、絵本 『12の星のものがたり』 (ヴィレッジブックス)、『しましまじま』 (ブロンズ新社)、『つくってみよう!へんてこピープル』 (理論社)がある。

tupera tupera 公式サイト


会期
本イベントは終了しました。ありがとうございます。


2016/1/25
 『ちりんぐさんのしつらえ!リターンズ!!』
第十一回目は「ティーマのある生活」
イッタラといえば!の代名詞teema

ちりんぐさんです。4年ぶりの更新ですね。
チリングスタイルと言えば、そうイッタラ!
特に、TEEMA!
カフェのイベントや、様々なシーンで
活躍してくれました。

無駄のないシンプルなデザイン。
だからこそ汎用性が高く、
ずっと定番であり続けてきたTEEMA。

色や形がいくつもあり、
料理やテイストにしばられず自由に使えることから、
とてもファンの多い食器シリーズです。

シンプルなデザインで充実のアイテム
が揃うティーマは時折限定カラーが
発売されたり、
目のはなせないシリーズです。

最近だと、波佐見焼きなどでも近しい
用途のものがありますね。
カラーであったり、スタイルであったり、
日本らしい風合いに仕上がっています。
けれども、
やっぱりこの色は間違いなく美しい。
そして、とても気持ちの良い発色は
やはりTEEMAならでは。

ティーマのフォルムもポイントです。
重ねて収納すればスッキリ。
カラーをそろえなくても、なんとも楽しい。
日常のアートを彷彿させます。

電子レンジや食洗機、
オーブンでの使用にも耐えられる
すごいやつ。


イッタラ 公式サイト



teema.jpg
teema_02.jpg



2013/1/25
 『帰ってきた!ちりんぐさんのしつらえ』
第十回目は「ファブリックボードのある生活」
ファブリックボード×ガムフック

帰ってきました。ちりんぐさんです。
記念すべき十回目はやっぱりチリングスタイル
の代表商品マリメッコです!

そんなmarimekkoやiittalaを使うと
にぎやかになりすぎるんじゃないかな?
と思いがち。

でも畳の上だといいバランスがとれちゃいます。

UNIKKOの赤くてかわいいティーポットが
いいアクセントになりますよ。

iittalaと木の茶托を合わせるのもポイント。
いきなり和の雰囲気です。
ところでこの茶托。
写真の使い方はちょっと間違ってます。
茶托は直接畳の上に乗せるもの。
ちょっと心配になりますが、
茶托の裏側をよく見て下さい。
平になっているのは畳を傷つけない証拠。

友達と集まったときに自分の茶碗と茶托を持って
部屋のあちこち移動しながら
おしゃべりもいいのでは?
テーブルとイスでの会話とはまた違った
距離感が生まれますよ。

そう思ったらARTEKのトレイの柄が
畳の模様に見えてくるから不思議です。

囲炉裏でほっこりちりんぐさんでした。


マリメッコ 公式サイト



repo_27.jpgrepo_28.jpg



2011/5/25
 『ちりんぐさんのしつらえ』
第九回目は「ファブリックボードのある生活」
ファブリックボード×ガムフック

人にも物にもやさしいシリコン製のガムフック。
人と物には優しいが、
壁に取り付けるには、
壁に穴を開けなければならず
壁にはちょいと厳しい。
賃貸だから壁に穴は開けられない。
また模様替えした時に場所を変えたいから、
固定はしたくない。
など、壁事情はなかなか複雑。

そこで、
壁がダメなら壁に板を立てかけて
そこにガムフックを取り付ける。
その板がただの木目の板じゃなく、
マリメッコの布が貼ってあったら?
もっとお部屋がかわいく快適になり、
お部屋に友達を呼ぶ回数も増えそう。
布は表面だけでよいから
布もあまり長さ使わなくてすみます。
布だから飽きたらまた貼り替えも可能ですよ。


マリメッコ 公式サイト



repo_26.jpgrepo_25.jpg季節に合わせて簡単模様替え。 リバーシブルにしても良いかも



2011/4/25
 『ちりんぐさんのしつらえ』
第八回目は「昔は割り箸。今はアクリル。」
ピースガン

もうすぐGWがやってきますね、
そして
「子供の日」も。
お子さんからどこかに連れていって!
というリクエストをもらっているご家庭も多いのでは?

そこで、旅行の予定はないけれど、
お子さんと一緒にたくさん遊べるものをご紹介です。

「ピースガン」輪ゴム鉄砲。

4連射、散弾撃ちもできてしまう、
あなどれないオモチャのピストルです。
工夫次第で左右に変化撃ちすることもできます。
大人も子供も夢中になって遊んだら、
争いやいさかいも減るかもしれません。
平和を願っての「ピースガン」
輪ゴム鉄砲なら平和ですよね~。
この連休中に家の中で遊んだり、
外に的を作って遊べば、
気がつけば、
みんなで取り合いになっていたりして。。。

ピースガン 公式サイト



repo_22.jpgrepo_23.jpg超高性能割り箸ゴム鉄砲!



2011/3/2
 『ちりんぐさんのしつらえ』
第七回目は「3倍返しと言うけれど・・・。」
Cup!ca =ars=
ホワイトデーも、もうすぐですが
何を送るか決まりましたか?
決まっていないそんな貴方!
こんな贈り物はどうでしょう。

スイーツの形をした爪磨き。
『CUP!CA =ars=』
これを贈られて、迷惑と思う女性は
いないと思いますよ。

スイーツが嫌いな女性は少ないですけど
美容関係に興味を持っていない女性はいません。
マニキュアや、ネイルケアは
とってもお金と手間がかかるもの。
でも、この爪磨きはとっても簡単。
裏のヤスリで表面を均して、プリント面で磨くだけ。
これで、グロスを塗ったようにピッカピカ。

学生、主婦、社会人。誰に贈っても大丈夫。
マニキュアが使えない職場の方も!

CUP!CA=ars= 公式サイト


repo_21.jpg特殊な溶剤やなんかも使いません。自分の爪なので、校則違反にもなりません♪repo_20.jpgrepo_18.jpg



2011/2/20
 『ちりんぐさんのしつらえ』
第六回目は「その言葉伝わってますか?」
Deng on

伝言メモの「Deng on」
その伝言、きちんと届いていますか?
「デングオン」は、パソコンのキーボードの
キーの隙間に挟んで立てかけられる
伝言メモ。
散らかりがちなデスクで最も目につきやすい
キーボードの上を、コミュニケーション・スペース
として有効活用します。

「電話ありました。」や「お昼に行ってきます。」
などの事務的な伝言から、
「今夜あいていますか?」や「お誕生日おめでとう!」
のお誘い・お祝いのメッセージなどパソコン上で
幅広くやりとりできるアイテムです。
直接面と向かって言えないことなんかも、
動物がかわいく代弁してくれますよ。

秘密のメモもいいですが、上司が
「なんだこれ?」
などといって見ちゃうかもしれません。



repo_14.jpg
repo_15.jpgrepo_16.jpgアフター5の伝言や、ネットで調べた情報なんかをメモすのるにも便利です。



2011/1/25
 『ちりんぐさんのしつらえ』
第五回目は「バレンタイン大作戦!!」
HINTMINT

バレンタインにオススメタブレット「ヒントミント」
1920年代のシガレットケースをモチーフにした、
なめらかカーブの薄型スチールケース。
アクセサリー感覚でポケットや
バッグに入れて携帯したり、
オフィスのデスクやドライブのお共にもぴったり。
天然ハーブを贅沢に使用した、お口に広がる
ナチュラルで爽やかな味わいと
リフレッシュな香りをお楽しみください。

種類はザクロ&アサイ、グリーンティミント、
シナモンミント、ペーパーミント、
チョコレートミントの5種類。
バレンタインに甘いのが苦手な方や、
喫煙家の方、タバコをやめたがってる方
などにタブレットのチョコレートはいかが?

食べ終わった後は、小物入れとしても使えますよ。

HINTMINT公式サイト


repo_012.jpgrepo_013.jpg世界のセレブリティーの愛用品として知られるロサンゼルス生まれのヒントミント。禁煙を始められた方やフリスク愛用者などのプレゼントにぴったりです。



2010/12/28
 『ちりんぐさんのしつらえ』
第四回目は「年末の大掃除!!」
Frosch

年末の大掃除ともなると、1年間の頑固な汚れを
落とすため、洗剤のお世話になることでしょう!

環境問題に厳しい国・ドイツの主婦たちが
選んだ洗剤がこれ!
洗剤そのものも、容器も環境に有害な成分を
一切使用していません。
排水後も19日間で98%が自然に還る界面活性剤
(OECD試験法)を使用した
環境にやさしい洗剤なんです!
各洗剤については、BLOGの11/12にも
紹介してますのでよかったら、BLOGも見てください。

また、chilling styleのセレクトする掃除用具は
どれも個性的で魅力的!!

ウエスやバケツなど、
年末の掃除道具をお買い求めなら
どんとお任せ!


チリングさんのブログ


repo_010.jpgrepo_011.jpg専用プッシュボトルに入れた洗剤は、クリーミィな泡になっちゃいます。これで洗うと、洗剤の量も少なくまた、子供も楽しんでお手伝いをしてくれますよ。




2010/11/28
 『ちりんぐさんのしつらえ』
第三回目は「和と北欧の融合鍋」
たこあつこ「どなべ」
×
iittala「ティーマ&アールトコレクション」

寒い日に家でお鍋をしたときのこと。
お鍋は大好きな県内の作家さん、
「たこあつこ」さんのお鍋で。
お漬物も用意して、これはお友達も来ることだし、
見た目にきれいなiittalaのガラスの器に。
この形はフィンランドの湖の形をデザインしたもの。
形が変わっているから、
テーブルの真ん中にあるだけで面白いですね。
お鍋の取り皿は以前から使っていた、
iittalaのティーマ15センチボウル。
深さもあるから、汁物を入れるのにぴったり。
お鍋にティーマでもいいじゃないですか。
どっちも交ぜてしまえば見た目にもカ
ラフルでキレイ。
お友達と、どの色がいい?
とまずはお皿の色選びから。
好きな色のお皿でよそって食べるお鍋は
楽しいですよ。

たこあつこさんの公式サイト


repo_009.jpgrepo_008.jpg今回は、お漬物を入れています。ざっくり入れても立体的な感じになるのできれいに盛れます。鍋の〆用の雑炊セットなんかを用意してもかわいいと思います。生卵が面白いアクセントになるのでは?




2010/10/17
 『ちりんぐさんのしつらえ』
第二回目は「季節の変わり目に紅茶で風邪予防」
ノードクヴィスト「北欧アロマティー」×iittala「ツァイッカ」

最近急に寒くなって体調などこわしていませんか?
そんなときは温かい紅茶で心身共に
温めてあげましょう。

・4つの味が楽しめる「ティーヘブン」

・北欧のエルダーベリーとマルメロ(かりん)の香りの
「エンペラーズブライド」

・ベリーとマルメロに蜂蜜の甘い香りを加えた
「タイガーズデイドリーム」
 生姜とも相性ぴったりです。

・シナモン・カルダモンの香りでクリスマス季節限定
「クリスマスティー」
 赤ワインを加えて北欧風グロッギにしても。

nordqvistの公式サイト


repo_006.jpgrepo_007.jpgツァイッカのグラスは耐熱グラスなので紅茶にぴったり。 透明のグラスなので紅茶の色も楽しめます。 北欧紅茶とツァイッカで贅沢なひとときを。。。




2010/10/1
 新コーナー『ちりんぐさんのしつらえ』
第一回目は「こんな器でほっこりたいむ」
amabro「有田焼」×iittala「カステヘルミ」

佐賀県の有名な焼き物「有田焼」は
初めて蕎麦猪口を作った場所だそうです。

でも、普段の生活で蕎麦猪口なんてなかなか使わない。
・・・というより気にかけたことない。
実家の食器棚には見たことあるかも?
いやいや、蕎麦猪口は何でも使える便利な器ですよ。

そこで、amabroの蕎麦猪口をご紹介です。
このブランドは、日々の生活にアートを加えて
ちょっと生活を豊かにしようよ。
という考え。
この蕎麦猪口も昔ながらの有田の柄に金彩で
ちょいと柄を加えたもの。
それだけなの。でもとってもモダンです。

amabroのblog


repo_005.jpg中にはプリンや寒天・・・カフェラテなんかもいいですね。iittalaの「kastehelmi」も1964年の作品を復刻したレトロモダンな器。 和食器を洋食器を楽しく組み合わせて使うと普段の生活がちょっとだけ贅沢に。



2010/6/1
 なんとChillingStyleオープンして5周年!
特別イベントとしてiittala cafeを行いました!

イッタラカフェは長野、香川で行われました。
次の開催はどこになるのでしょう?あなたの街かも知れませんよ。

画像はblogから使用させていただきました。
iittala cafeの軌跡

repo_001.jpgマリボウルとアイスクリームの組み合わせがすごくかわいい!tea timeが楽しくなりますね。repo_003.jpgイッタラのグラスはスタッキングしても魅力的。これだけ並ぶと爽快です。repo_002.jpgカステヘルミはドットの装飾が個性的。スイーツもかわいくコーディネートされます。repo_004.jpgカステヘルミです。涼しげでなんてかわいらしい。